12.06.2014

ARITA TAIJI

もちろん歳はだいぶ上だけど、
僕の永年の友人の弟に有田泰而って写真家がいました。
僕が学生のころ、分けも解らぬままカメラに凝ってた時期 
カメラ毎日にFIRST BORNってシリーズで、
とても奇麗な作品を発表してた、
70、80年代と写真家として、忙しく過ごし その後 絵にのめり込んでいく 
僕がNYに行くのとほぼ同時期に彼は西海岸へ
僕が、NYでマンガやイラストの細かい仕事をやってる時に、
彼は、森を切り開き、自分で家を作り、制作活動に励む、、、
お目にかかったのは一度位で 直接本人のことは よく知らないけど、
とても大人の 真面目で、尊厳のある そして一生懸命な、
旨く言えないけど それこそ侍のような芸術家だ
残念ながら2011年に癌のため自宅で死亡した。
遺作PUREって作品集に 詳しく出ている。

先日僕の友人のお姉さんに彼の初期の ベーコンに傾倒してた頃のかな、、
油絵の仮縁を頼まれた、ついでに黒田征太郎氏が描いた彼の肖像画の直しも
そんな感じで有田氏の作品を見てたら、旨くいえないけど、感じるものがあって
ちょっと楽しかった。




















赤い顔の部分がはがれ落ちてた、
オリジナルのイメージがわからないので、糊のあとやラインを参考に福笑いのように
仕上げた、これでいいのかどうか? 黒田氏に違うよってダメだしされるかな(笑)

11.18.2014

garage sale

郷地I村ガレージセール、近所の友人たちと、二軒並びのハウスでちょっとした
ガレージセールをやってみた。ついでにオープンスタジオも、、
たいして宣伝もしてないのに まぁまぁ人も来た
なんと同じ時期、ブルックリンに住んでた人が近所に!そんな思わぬ出会いや、
絵の評判も良かったし、楽しい一日だった。




10.13.2014

ART BRUT in OME

青梅の障がい者の施設 友愛学園ってところで開かれた小さな芸術際が凄かった!
言葉でいろいろいっても旨く言えないけど、
まぁ心の思うまま自由にのびのび描かれた作品郡 本当に感動的!
ほんの一部だけどアップします、
僕もまけないよう描かなければ、、、、



9.16.2014

TOKYOLYPSE

2009年の終わり頃 、ヨハネの黙示録(Apocaypse)をテーマにした本と
それに合わせて参加アーチストの原画展を開くって依頼で絵を描いたことがある。
その企画は 僕が好きな本の企画で
依頼のメールが来た時すごく嬉しかった覚えている。
2012年のマヤの終末論も話題になってたころだったかな、
ところが、訳の分からんリーマンショックとやらで、企画が保留になってしまった。
その後も絵は 要請もあって、ずっとサイトにもアップ出来しなかったのだけど、
マヤの終末論も何事も無く終わってしまい、
その後企画も何処に行ったやら、、まったくね

タイトルは TOKYOLYPSE ちょうどゴジラも最近映画もきたことだし、ここらで
アップします。


9.07.2014

september

新しい絵を一枚、やっと9月 もう秋はないのじゃないかと思うほど
暑い夏だったけど、やっぱし秋はやって来る だいぶ過ごしやすくなった。

september song
https://www.youtube.com/watch?v=E3mAT-4FdP4
https://www.youtube.com/watch?v=RQsJK0voNRI


8.15.2014

残暑お見舞い

この間 Imacがクラッシュ!ユティリティかけても、初期化もダメ、ネットでいろいろ安い修理やを探すも、どうやら難しい、ようは、このlate2009モデルからハードディスクに熱センサーがついたことで、アップル純正しか受け付けないので
簡単(簡単でもない)にばらして ハードディスクを交換出来ないのが、一番の原因、
紆余曲折あって結局は アップル帝国に修理を依頼 日帰り入院のようにあっという間に戻って来た、でタイムマシンで1時間ほどで何も無かったように、復帰! 
しかし まぁ高いものについてしまった。

先日朝、ニューヨーカーから突然のメール、作品を返却したいって、もう12年以上も前のこと
今頃?なんで?と思いながら 新しい住所を送る。
僕の担当のアートディレクターは もうとっくの昔辞めてるから。知らない人だし
なんのお詫びもないメールが いかにもNY、でもこんな人こそ本当は日本人以上に親切
長い東京暮らしでバカみたいな丁寧 親切になれ そのくせ本当はどうなんだよ?
て思う今日この頃、今日は、またくそ暑くなってきた。






   
    


8.02.2014

NO NUKES & STOP THE WAR

まだまだ、世の中きな臭い!再稼働も進めようって連中も一杯!
戦争なんて、なにがいいのか なにをしたいのか 全くわけ分からん。
そんなわけで、新しいドローイングを一枚
怒ってるね。


7.22.2014

SUMMER WORKSHOP

アウトサイダーアート、アールブリュットと呼ばれる絵やアーチストってわけじゃないけど、ちょっぴし障害をもった人達と一緒に絵画教室をやった。
もちろんアウトサイダーアーチストのように、いつも描いてる人じゃなく
何年ぶりかに絵具で描いてみたって人が多かったのだけど、
それでもやっぱし感心させられる絵を一杯描いてくれた。

僕らのように、絵を描いてる人間も 自分の思うまま、自分の好きなように描くのだけど、多かれ少なかれ、やっぱし人の目を意識するし、特に仕事になってくると、
相手に合わせたり、時代に合わせたりしてしまうことも多い。

その点アウトサイダーアーチストの絵にそういった迷いは無い。自分の体の動きと同じように描くそれが時として、名画のように、見る側に感動をあたえる。
ワークショップは、無事終わって、賑やかにとても楽しかった。
少しだけど、紹介します。

左が花で右が銃 戦争と平和か! 自分の好きなユニフォーム、いろいろパターンを増やすと面白い作品が出来そう。 色のきれいな水族館にTOKIO, 
嵐もある アイドル系の作品も多い。

6.27.2014

RENOVATION #3

リノベーションは、無事ほぼ終わり、後の仕事は 秋にでもゆっくりやる予定、
古い家だから、いろいろ大変だったけど、一番驚いたのは、玄関の鍵!
一昔前の西部劇に よく出て来きた留置所の鍵がまさにこんなやつだった。

















HOLIって刻印されていたから、ネットで調べたら、なんと創業120年とかの老舗だった、まだ現役バリバリ、下は 昔住んでた、ロフトの取っ替えた鍵束、
はじめて渡された時その重さで驚いたけど、いつもこれくらい持ち歩いてた(実際はもっとあった)、で、今は上一個だけ、、、 
ついでにそんな鍵屋が一杯あったブルックリンのスケッチ、
店には、必ずLOCKSMITHって看板があった。
ついでもう一枚、朽ちてた入り口の扉の写真これにもHOLIの鍵がついている。


6.01.2014

new drawing 2

今日で6月、2014年も早くも半年過ぎて、今日はすっかり夏もよう、
久しぶりの一枚につづいて描いた絵をもう一枚。

それから、進行中のデンジャラスな2階の外壁、ついにやっつけた!
色は、いろいろ悩んだあげく、もともとの色と同じようなブルーにした。
色を変えるより、仕事が楽って方を優先!
これから、安全な一階に移るのだけど、暑すぎる。

そんな訳で、下準備はやったけど、外壁のペンキ塗りは、
今日のところは、やめといた。